返済方法

MENU

返済方法

キャッシングとは、銀行や信用金庫などのお金が余ったところから足りないところへお金を貸せるよう流れを仲介したり手助けをする事ができるところである金融機関が個人に対してお金を必要に応じて貸す事を言います。

 

もともとはカードを使って金融機関のATMから引き出すカードローン形式が多かったのですが、現在では電話やインターネットで申し込みを受けて口座振込を行うなどサービス形態が多様化してきています。

 

キャッシングの特徴

としては、使い道が自由である事と、お金を借りる際に発生する賃貸料を意味する金利が銀行のローンよりも高いことと、当日に融資ができる事を中心に業務をしているため、申し込みからお金を借りるまでの対応が迅速であることがあげられます。条件とは、20歳以上で正社員や自営業、アルバイトなどの定職を持っている人か定職のある夫を持つ専業主婦の人が借りる事ができます。

 

キャッシングの方法

まずお金を貸してくれる企業に連絡をするかインターネットで申し込みを行います。次に、その企業へ免許証などの身分証明書と源泉徴収票などの給料があることを証明するものを送ります。それが企業に届きますと審査が行われ、無事に通過をしますとカードが発行されます。そのカードを使って提携しているATMに行って操作を行いますとお金を借りる事ができます。

 

また、発行されたカードを持っていればATMへ行くと即日にキャッシングができるのであります。そのお金を借りた後の返済方法として定率リボルビング方式で返済を行う方法があります。その方式とは、契約をする時の限度額により決められた一定の割合の率を借り入れを行った時の金額にかけて返済をする時の最低の金額を計算をする方法であります。また毎月一定の金額で返済を行うことができたり、決められた限度額の範囲でしたら何度でも繰り返し利用ができたり、余裕がある時には多めに返済をしたり、一括で返済ができる事も特徴の一つであります。このようにキャッシングとは、カードがあればすぐに借りる事ができるうえに計画的に返済ができるのが良いところであると言えます。