総量規制対象外とは

MENU

総量規制対象外とは

一昔前、消費者金融が「サラ金」と呼ばれていた時代に、サラ金から違法な高金利によるキャッシングをし過ぎたために、自己破産に陥ったり、自殺したりする人が急増したことから、平成18年に従来の法律が改定されて、新たに「貸金業法」が施行されました。

 

貸金業法では、消費者金融を始めとする貸金業者や、貸金業者からのキャッシング・カードローンに対することが定められています。そして、新たに施行された規定の一つに「総量規制」があります。

総量規制というのは、貸金業者からの借り過ぎ、又は貸金業者の貸し過ぎを防ぐために設けられたもので、消費者金融などからのキャッシングの残高が自分の年収の3分の1になった場合は、どこの貸金業者からも新たにお金を借りることができないというものです。

 

また、一つの業者から50万円を超えてお金を借りる場合、若しくは他の全ての業者からの借入金を合計すると100万円を超える場合は、「年収を証明する書類(源泉徴収票、確定申告書など)」の提出が必要になっています。

 

なお、貸金業者は貸出金を管理するために、利用者から新たな借り入れの申込があった場合は、指定信用情報機関が保有している個人信用情報を照会し、他の貸金業者からの借入残高を調査することが義務付けられています。

 

ちなみに、総量規制の対象となるのは、あくまでも貸金業者からの個人的な借入れであって、事業資金として借り入れる場合は総量規制対象外となります。さらに、銀行や信用金庫などの金融機関は貸金業者ではないので総量規制対象外であり、従って銀行からいくら借金があろうと、総量規制の貸付枠には含まれません。

 

また、貸金業者からの個人的な借入であっても、総量規制対象外となる「除外」と「例外」の借入があります。

 

除外の借入としては、不動産購入のための借入や、自動車購入用の借入など、比較的低金利で、返済が長期間になる借入は、総量規制の貸付残高には含まれません。

 

一方、例外の借入というのは、急な病気で入院した場合の費用など、社会通念上必要と認められる借入などのことで、年収の3分の1を超えても借りることができます。