ブラックリストとは

MENU

ブラックリストについて

お金を借りるときには審査を受けなければなりませんが、ブラックリストに乗ってしまうと審査にとおらないと言われることがあります。では、このブラックリストとはどういったものなのでしょうか。実はそのようなリストがあるのではなくて、個人信用情報機関という会社がその役目を担っています。

 

個人情報とは、それぞれの人に関する情報で、信用と言うのは過去の借り入れの事故情報などを指します。例えば、過去に借り入れをして返済をせずに踏み倒したり、あるいは返済がそうとう遅くなったりしたときには、その情報は個人信用情報機関に登録されます。このような情報を個人信用情報と呼びます。キャッシングやその他のローンなどで借り入れをしようと思ったときには、金融機関は過去にこのような事故がないかどうかを確認します。このときには、個人信用情報機関に問い合わせを行うのです。問い合わせを行った結果、事故情報が登録されていると、その人にはお金を貸すことはできないと判断します。そのために審査にとおらなくなるのです。

 

お金を借りる

ときにはどのような場合でも金融機関は個人信用情報機関に問い合わせをすると考えておきましょう。ですから、一度登録されるとしばらくはお金を借りることはできません。この情報は5年から10年は登録されることになりますから、しばらくはあらたにかりいれをすることはできないのです。

 

もしもキャッシングなどの審査に全く通らないと言う人がいれば、ブラックリストに登録されている可能性はあるでしょう。その場合には5年くらいの時間はかかると考えておかなければなりません。別の金融機関で借りるときにも同じように情報が登録されることになりますから、ほかなら大丈夫だろうと言うように簡単にいくわけではないのです。金融機関側としても、返済されなかったと言う情報は重要なものですから、必ず確認されると言うように考えておかなければならないのです。基本的なこととして把握しておきましょう。

ブラックリストとは記事一覧

 ブラックリストは存在するのかどうか?確実に存在します。消費者金融ローンなどでお金を借り入れ、期日までに返済されない場合、1ヶ月くらいの延滞ならローン会社は「電話での催促や郵送の勧告」で済ませてくれる場合がほとんどです。しかし、月々の支払いが何ヶ月もされず、滞納期間が半年、一年にも及びとなると、ローン会社は借り主に対して「支払う意思の放棄または支払い能力の欠如」とみなし、連帯保証人に連絡してその人...