ネット銀行とは

MENU

ネット銀行とは

ネット銀行は、営業上必要な最小限の店舗のみをもち、インターネットや電話などの通信端末での取引を中心とする銀行です。従来の銀行に比べて店舗や自前のATMが少なく、また預金通帳も発行しないため、人件費や店舗運営費を抑えることが可能になります。これにより、高い預金金利と安い手数料でお金を借りることを可能にしています。従来の銀行と同様に定期預金があるほか、外貨預金や投資信託、ローンの取り扱いや、証券、保険などの金融商品仲介を行っているところもあります。
即日キャッシングしたい方にはおすすめのカードローンです。

 

取り引きの際は、振込や振替にはおもにネットバンキングやテレフォンサービス、現金の取り扱いにはキャッシュカードおよひ提携のATM機を使います。預金通帳は発行せず、インターネット上での「ウェブ上の入出金明細」や、紙面での取り引き明細書を代わりに用いています。なお、多くのネット銀行では、取り引き明細書の送付には料金がかかります。
入出金の際は、他の銀行のATMやコンビニのATMを利用します。

 

基本的には入金、出金ともに手数料がかかりますが、一定条件を満たせば回数限定で手数料が無料になります。
また、振込手数料は全体的に安い傾向があり、銀行によっては自行間だけでなく他行への振込も手数料無料で行うことができるところもあります。さらに、近年は公共料金以外であれば、口座振替ができる銀行がほとんどです。また、口座振替のシステムを利用した即時決済サービスがあり、ネット通販などオンライン購入での支払いや、証券口座などへの資金移動に使うことができます。このサービスは24時間利用することが可能です。利用するには銀行口座のパスワードが必要になるため、勝手に引き落とされる心配はありません。

 

ネット銀行の中には、少数の実店舗をもつところもあり、必ずしもネットと電話のみでしか利用できないというわけではありません。この場合、ネットに取り引きの中心を置いていることが従来型の銀行との違いになります。
なお、ネット銀行は年金や税金の還付金など、公的機関からの受け取り口座に使うことはできないので、注意が必要です。