指定信用情報機関のCIC

MENU

指定信用情報機関のCIC

CICの特徴やしくみ

株式会社シー・アイ・シーとは、人々のクレジットカードなどの信用情報を扱う信用情報機関です。つまり、皆さんがクレジットカードで延滞などをした時の情報がすべてここに保管されています。

 

貸金業を営む人々にとってそうした情報は極めて重要(というよりそれがないと営業ができない)ので、貸金業者の方々が会員となって、シー・アイ・シーの活動を維持しています。

 

CICは一般の方にどう関わっているのか?

JICC

上に書いた通り、私たちの信用情報を管理しています。これがあるため、私たちは複数のローン会社やカード会社から融資を受けていても、その情報が共有され、総額が莫大な金額にならないようになっています。この仕組によって、多重債務に陥る人がだいぶ減ったと言われています。

 

CICの開示請求の方法と金額

シー・アイ・シーで管理されている自分の信用情報は、請求すれば閲覧することができます。方法はいくつかあり、パソコン、携帯電話、郵送、窓口のいずれの方法でも請求することができます。

 

パソコンと携帯電話の場合は料金はクレジットカードで払い、1000円となります。郵送の場合は定額小為替証書を郵送しますが、これも1000円分です。窓口になると少し安くなり、現金で500円となっています。

 

いずれの場合も本人確認書類やクレジットカードの本人認証などが必要となります。といっても本人である以上当然これらはすぐ用意できるはずなので、特に請求で難しいことはないでしょう。

 

 

CICの内容が間違っていた場合、修正は可能?

シー・アイ・シーに登録されている自分の信用情報が間違っていた場合、申請によって修正することができます。ただし、それが正しい申請である場合に限られます。明らかに自分が間違っていたのに、それをごまかすための修正依頼をしたりしても受け付けてはもらえません。

 

あくまで自分が正しいと何らかの書類などによって証明できるケースのみ、修正は受け付けてもらえます。また審査に当然時間がかかるので、依頼してすぐに修正されるというわけではありません。その点も注意が必要です。

 

 

CICの審査はどの業界が多いのか

シー・アイ・シーは信用情報機関の中でも、得意クレジットカード会社と深く関わっています。そのため、クレジットカードに関する信用情報が特に集まっており、クレジットカードを新しく登録する時、会社側はその人の信用情報をシー・アイ・シーに問い合わせます。

 

この申し込みが消費者金融などの場合JICC、銀行系の場合はKSCといった具合に、業界ごとに問い合わせ先が違うわけです。