日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関

MENU

日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関

JICCの特徴やしくみ

株式会社JICCとは「日本信用情報機構」の略です。名前の通り消費者の信用情報を管理している会社ですが、シー・アイ・シーなどとは担当する領域がやや違います。

 

元々は消費者金融系の信用情報を管理するために生まれた機関なので、主に消費者金融系の信用情報がここに集まっています。たとえばみなさんがモビットやプロミスなどの消費者金融系のローンに申し込みをした時、皆さんが信用に値する人かどうか、プロミスやモビットはここに問い合わせをすることが多い、というわけです。

 

 

JICCは一般の方にどう関わっているのか?

JICC

上に書いたように、主に消費者金融系に関する皆さんの信用情報を管理しています。なので、普通に生活している限りは関わることはありませんが、消費者金融系のローンを利用する時には、その審査で関わることになります。

 

また、審査時だけではなく利用が終わった後も、数年間は利用の記録が残っているので、そうした点でも関わっています。

 

JICCの開示請求の方法と金額

JICCで管理されている情報の開示請求は、携帯電話、郵送、窓口のいずれかでできます。シー・アイ・シーのようにインターネットではできない点に注意しましょう。携帯電話で見るインターネットであればいいのですが、パソコンの場合は対応していないようです。

 

必要な料金についてですが、いずれも手数料は1000円、窓口の場合のみ500円となっています。また、携帯電話のサイトはもちろんスマートフォンでも閲覧することができます。

 

JICCの内容が間違っていた場合、修正は可能?

これは当然修正可能です。ただ、その情報を間違えたのがJICCであれば比較的早く修正できますが、JICCに情報を送った消費者金融などの会社が間違っていた場合、それを指摘して確認してもらうまでにそれなりの時間がかかります。

 

なので、修正は可能ですが時間はかかる、と意識しておいた方がいいでしょう。

 

JICCの審査はどの業界が多いのか

JICCは上にも書いた通り消費者金融系の審査が多いです。たとえばキャッシングなどに申し込みをした時、その人に融資をしてもいいかどうか、これらの会社がJICCにデータを照会します。そして、そのデータを見た上で貸出をするかどうかの判断をするわけです。

 

なので、特に消費者金融系のローンを利用することが多い方の場合、JICCと関わる機会は多いと言えるでしょう。

日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関関連ページ

指定信用情報機関のCIC
全国銀行個人信用情報センターKSC