ソーシャルレンディングについて

MENU

ソーシャルレンディングについて

ソーシャルレンディングは、インターネットを通じて 借り手と貸し手をネット上で結びつけ、個人対個人の金銭の貸し借りを仲介するサービスです。借り手、貸し手ともに、利用にはサービス会社が運営しているコミュニティへの会員登録が必要になります。

 

?ソーシャルレンディングは大きく知っている者同士と知らない者同士の2つに分けられ、知らない者同士の中でさらにマーケット型とオークション型に分けられます。マーケット型ではまず、借り手が借りたい額と必要な個人情報を運営会社へ送信します。それをもとに運営会社が審査によって借り手の格付けを行い、貸し手はどの格付けにどれだけの金額を、どれだけの金利で貸し付けるかを決めます。そして、運営会社が出資された金額を束ねて、借り手の希望する条件に合った借入れをマッチングさせます。

 

オークション型では、借り手は借入金額とともに借り入れ目的や信用度をコミュニティ内に登録してアピールします。貸し手はそれらを材料に判断して投資・融資金額や利率などの条件を決めます。金利は貸し手による入札で決まり、一番安い利率で落札した複数の貸し手が貸し付けの権利を得ます。なお、入札の際には名前、住所等の個人情報は一切公開されません。

 

?ソーシャルレンディングのメリットとしてまず挙げられるのは、借り手、貸し手ともに有利な金利で貸し借りができることです。借り手は消費者金融などを利用するのに比べて利子を抑えてお金を借りることができ、貸し手は銀行に預けておくよりも高い金利で資産を運用することができます。

 

また、オークション型の場合はもうひとつの大きなメリットとして、SNSを通じてコミュニケーションを取りながらお金の貸し借りができることがあります。これにより、借り手は自分が抱えている様々な事情を聞いてもらえる場があり、それをアピールすることで必要とするお金を借りることができます。また、貸し手は借り手の目的や状況を考慮し、自分が共感できる相手にお金を貸すことが可能になります。

ソーシャルレンディングについて記事一覧

ソーシャルレンディングは、企業や個人が資金調達をする方法の一つです。お金を借りることを目的としている企業や個人が、ほかの企業や個人から直接借りることのできるシステムです。金融機関から借りるのではないという点に注意が必要です。ソーシャルレンディングの運営会社からお金を借りるわけでもありません。複数の投資家が少しずつ資金を提供してくれます。そして、お金を借りたなら利息をつけて返済をしますが、このときに...

はお金を借りたい企業と、有利な条件で資産運用をしたい人との間を取り持つサービスです。ですから、お金を借りる企業、貸す人、運営会社の3つが存在します。企業にとって資金調達は非常に重要なことです。新たに事業展開をしたいときや、短期的な資金繰りなどによって資金需要があるのですが、これを満たす方法としてソーシャルレンディングを利用することができます。企業がお金を借りようと思ったときには、まず運営会社に申し...

ソーシャルレンディングの利用者は借りる側と貸す側に分けられます。お金を借りる側の利用者は銀行からは借り入れのできない層が中心となっています。もしも銀行から有利な条件でお金を借りることができるのであれば、その方が良いでしょう。しかし、何らかの理由で銀行から借り入れができない人もいます。事業資金を調達するために銀行の審査を通るのは難しいですから、このようなときにソーシャルレンディングが用いられます。金...

ソーシャルレンディングを利用するのは企業や個人があります。運営会社によって利用者の種類は異なっているようです。例えば、企業向けのサービスもあります。企業が新規事業を行うときのための資金調達としてお金を借りることができるサービスがあります。銀行などでは融資を受けることができない場合もありますが、その際に資金調達できる方法として利用することができます。銀行よりも有利な条件で借り入れることも多いです。例...