3分でわかるソーシャルレンディング

MENU

3分でわかるソーシャルレンディング

はお金を借りたい企業と、有利な条件で資産運用をしたい人との間を取り持つサービスです。ですから、お金を借りる企業、貸す人、運営会社の3つが存在します。
企業にとって資金調達は非常に重要なことです。

 

新たに事業展開をしたいときや、短期的な資金繰りなどによって資金需要があるのですが、これを満たす方法としてソーシャルレンディングを利用することができます。企業がお金を借りようと思ったときには、まず運営会社に申し込みを行います。運営会社はきちんと返済できる企業なのかどうかを評価するために審査を行います。一定の売り上げがないと利言おうできない場合もあるのです。

 

運営会社は企業の条件によって融資の金利や金額を決定します。そして、その情報を公開することになります。資産運用をしたい人がいれば、この情報を閲覧して、お金を貸して良いのかどうかを判断することになります。お金を貸しても良いと判断したのならば、運営会社にお金を預けます。

 

そして、運営会社からお金を借りる企業へと融資が行われるのです。このときに、運営会社は一定の手数料を上乗せして貸し出すことになります。満期になれば企業は運営会社へ利息を上乗せして返済します。その後、運営会社からお金を貸した人に対して返済が行われます。

 

ソーシャルレンディングは、銀行の融資よりも柔軟に設定できる場合が多いでしょう。銀行でお金を借りれば毎月返済しなければならないことも多いのですが、ソーシャルレンディングであれば、例えば3年後に一括して利息とともに返済すると言うことも可能です。資産運用をしたい人にとっては、有利な条件で運用できるというメリットがあります。銀行預金なら1%未満の金利しか発生しませんが、ソーシャルレンディングを利用すれば5%から7%くらいの金利で運用することができる場合もあるのです。このように、お金を借りる人にとっても貸す人にとってもメリットのある融資の制度だと言えるでしょう。